国内旅客運送約款
(旅客及び手荷物)
第2章 旅客運送
第1節 航空券

第13条 座席の予約

1.航空機に搭乗するには、座席の予約を必要とします。
2.航空券の発行後の座席予約申込みの際は、認証コードの呈示若しくは申告又は紙片の航空券の呈示(以下「認証コード又は航空券の呈示等」といいます。)をし、所要事項の会社の電子データベース上への記録(紙片の航空券の場合は、券面への所要事項の記載をいいます。)を受けなければなりません。
3.座席予約の取消し又は変更の申出の際は、認証コード又は航空券の呈示等を必要とします。ただし、予約済み旅客を第三者へ変更することはできません。
4.前2項の定めにかかわらず、別に定める会社の事業所では、認証コード又は航空券の呈示等がない場合でも、座席予約の申込み又は取消若しくは変更の申出を受け付けることがあります。
5.前項による座席予約は、旅客が会社の定める航空券購入期限までに認証コード又は航空券の呈示等があるまでは、確定されたものではありません。旅客が、会社の定める航空券購入期限までに認証コード又は航空券の呈示等をしない場合、会社は予告なしにいつでも当該座席予約及びその予約に引続きなされている座席予約を取り消すことがあります。
6.座席予約申込みは、会社の事業所において搭乗希望日の2ヵ月前より受け付けます。ただし、会社が特定の旅客運賃を支払う旅客につき別段の定めをした場合は、この限りではありません。
7.会社は第22条第2項が適用される場合には、この予約に引き続きなされている座席予約を取り消すことがあります。
8.会社は、一旅客に対して二つ以上の予約がされており、且つ次のいずれかの場合には、会社の判断により、旅客の予約の全部又は一部を取消すことができます。

(1) 搭乗区間が同一で、搭乗便出発予定時刻が同一又は近接している場合
(2) その他、旅客が予約のすべてに搭乗すると合理的に考えられないと会社が判断した場合
第1節トップへ
JALトップメニューへ

(C) Japan Airlines.