乗り継ぎ時間のご案内
【ご案内】
お知らせ
2018年10月28日(日)ご搭乗分より、沖縄那覇空港においてJALグループ間の乗り継ぎに必要な最低乗り継ぎ時間を以下のとおり変更いたします。
10月27日(土)ご搭乗分まで 20分
10月28日(日)以降のご搭乗 30分

お願い
羽田/成田空港を経由し、国際線へお乗り継ぎのお客さまは、出発間際の混雑緩和のため、便出発60分前までにお越しいただきますようお願いいたします。

同一日内に乗り継ぎがある場合、必要な乗り継ぎ時間が定められております。
以下をご参考のうえ、お時間に余裕を持ち、お申し込みください。
なお、以下の時間を満たしている場合でも、フライトイレギュラー等の理由によりお乗り継ぎいただけない場合がありますのでご了承ください。


同じ空港内での国内線航空機への乗り継ぎ

【JAL/JTA/JAC/RAC便の乗り継ぎ】
20分以上(羽田では25分以上)
※大阪(伊丹-関西)で175分以上、名古屋(中部-小牧)で180分以上、名古屋(中部-小牧)で180分以上、札幌(新千歳-丘珠)で150分以上

【JAL/JTA/JAC/RAC便と他社*1、2の乗り継ぎ】
30分以上(羽田・成田では50分以上)
*1他社とはJALグループと連帯運送契約のあるフジドリームエアラインズ、ANA、天草エアライン、オリエンタルエアブリッジ、ソラシドエアをいいます。それ以外の航空会社とは連帯運送契約がなく、乗り継ぎ時間の設定がございません。手荷物を引き取り、ターミナルを移動するのに十分な時間を確保のうえ、乗り継ぎ便出発時刻の15分前までに保安検査場を通過できるようご計画ください。
*2JALの便名で販売されているフジドリームエアラインズのコードシェア便も含みます。


同じ空港内での国際線航空機との乗り継ぎ

国際線へお乗り継ぎのお客さまは、最初の出発空港にて諸手続きがございますので便出発の30分前までに空港カウンターにお越しください。

【JALグループ国内線→JAL国際線の場合】
成田・関西・中部 ・羽田 すべて60分以上

【JALグループ国内線→他社国際線の場合】
成田 110分以上、関西 80分以上 、中部 70分以上、羽田 120分以上

【JAL国際線→JALグループ国内線の場合】
成田 80分以上 、関西 75分以上 、中部 75分以上 、羽田 70分以上

(ご注意)
・羽田発着国内線乗り継ぎは210分以上(JALグループ便の乗り継ぎは180分以上)
・伊丹発着国内線乗り継ぎは215分以上
・JTA(NU)は那覇空港発便のみが対象(その他の空港発便からは70分以上必要)
・成田、関西、中部、羽田以外の空港での国際線乗り継ぎ時間については、ご予約の際にお問い合わせください。
・他社運航コードシェア便はこの限りではありません。


JALトップメニューへ

(C) Japan Airlines.